早めの予約をすることでお得に袴レンタルが利用できる

SITEMAP
紫色の袴

袴の着方について

刺繍が入った袴

卒業式に着ていくことも多い袴ですが、初心者でも着付けは驚くほど簡単に出来てしまうのです。家族や友人に手伝ってもらいながら、まずは1人で着物を着ることから始めます。帯を結んで、袴を履きます。誰か1人補佐が必要な段階は、帯結びと袴の紐を回しリボンを作るときです。何度か袖を通して慣れると、袴を着たことがなくても1人で簡単に出来上がりです。
ポイントは着物の衿は若々しくする様に詰め気味にします。また袴を履いた時に、袴の下から着物の柄が覗かないように裾は短めに気付けます。帯は一文字に結びます。袴は前と後ろの順に紐を結びますが、図を見ながらでも1人で着付けることが出来ます。
ショートサイズの場合や着物や袴の柄が地味な時は、ポイントにビビットカラーの帯飾りをつけると、目線が上へいくことでスタイルアップが望めます。色の濃い重ね衿で目線を上げることも出来ます。重ね衿は内側をピンで止めると簡単に備えられる小物です。
最近は大正ロマンのデザインの流行で袴とブーツを合わせるコーディネートも良く見られています。ブーツをはく時は、通常の袴の丈よりも心持ち足首よりも上にくるように着付けます。さじ加減が難しいところですが全面鏡の前で行なうとバランス良く着れます。